まっ青ブルース

負け犬アオの音楽ブログ!

映画【MONSTER】と【挿入歌】の感想(シャーリーズセロン主演)

 

 

 ※ネタバレが含まれる可能性があります。全くの情報なしで作品を見たい方はよまないでください。

 

 

 

【もくじ】

 

 

 

 

今日は”MONSTER”という映画を見た。

とてもいい作品過ぎて今も余韻にひたっている。

前回の【百円の恋】につづいて

またしてもいい映画に出会えて嬉しい!

テーマが重いので”いい作品だった”というとちょっと誤解がうまれるかな・・・

”いろんなことを考えさせてくれたという点でいい映画だった”

と言い換えよう。

 

 

なのでちょっと紹介する。

主演のシャーリーズセロンが本当すごい笑

いや本当に笑っちゃうくらいシャーリーズセロンじゃないみたい!

 

 

【MONSTER】あらすじ

 

 

モンスター [DVD]

 

 

 

娼婦のアイリーン(シャーリーズ・セロン)は、バーで同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会う。アイリーンの荒んだ様子にも関わらずセルビーは彼女のことが好きになり、やがて彼女たちは愛し合うようになる。二人で一夜を過ごす為のホテル代を稼ぐ為にアイリーンは客をとるが、客から暴行を受け、逆に殺してしまう。その後、二人の生活のためにアイリーンは合法的な収入源を得ようとするが、彼女の気性のせいもあって職業訓練を受けておらず世間的な常識もない彼女が職に就くのは難しいことだった。金銭的に窮し、社会に受け入れられないことに絶望した彼女は売春に戻ることにするが、そこでまた衝動的に殺人を犯してしまうのであった。

(実在した元娼婦の連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化した。)

 出展: Wikipedia

 

 

 

 

テーマがテーマなだけに分類的にはサスペンスだとは思うけど

私的にこれは超純粋すぎる恋愛映画だと思う。

シャーリーズセロン演じる”リー”が切ないほどに愛を求める姿が悲しくて泣ける。

確かに犯罪はダメ。人殺しももっとダメ。

それは許されないこと。

だけど・・・

愛の傾け方を間違えながらも必死に愛を求めるこの”リー”に

「あなたは完全に間違えている」

と私は言えない気がした。

たぶんリーは子供のままの純粋かつ単純な心のまんまだったんだと思う。

だから愛している人のために人を殺せてしまったんだろう。

 

 

リーは心だけ幼い頃に置き去りだったんだと思う。

 

 

クライマックスでのリーの一言も心にぐっときた。

というか最後の言葉で泣いた。

後半から最後の一言にかけての流れでわかるがリーは事のすべてに後悔していない。

それが悲しくて泣けた。

こんないびつな形の愛を本気で後悔していないのだから。

同性愛、リーの悲しい幼少期の境遇、社会の悲しい現実、犯罪・・・

いろいろ考えさせられる映画だった。

そういう意味でいい映画だった。

 

 

シャーリーズセロンがすごい

 

 

見てもらえばわかると思うがシャーリーズセロンの変身っぷりがものすごい。

この役のために体重を13kg増やし特殊メイクでいどんでいる。

ちなみに特殊メイクには毎回1時間半から2時間もかけていたらしい。

 

 

f:id:ao-ao-ao:20170622022737j:plain

 画像出展:ココログ

 

 

全然別人。

演技もすごかった。

男っぽい女を上手に演じていた。

男の色気すら感じた瞬間もあった。

 

 

挿入歌について

 

 

挿入歌も時代を感じるもので暗すぎずいいなと思った。

 

 

リーとセルビーのはじめてのキスシーンとエンディング

 

 Journey「Don't Stop Believing」

 

 

 

 

リーとセルビーがスケート場で初めてキスをするシーンで流れていた曲。

あのシーンはめっちゃよかった。

この曲はエンディングでも使われている。

それがめっちゃ切ない。

 

 

Don't stop believin'

Hold on to that feelin'

Streetlight people

 

信じることを止めるな

その気持ちを持ち続けろ

街灯の人々よ

 

 Journey「Don't Stop Believing」より抜粋

出展:和訳の全文はこちら

https://lyrics.red-goose.com/dont-stop-believin-journey/

 

 

 

まとめ

 

アイリーン・ウォーノスという元娼婦が犯罪にいたった経緯も大事だが

一人の女として人間として純粋に愛を求めた姿もよく見てほしい。

犯罪があったことも確かだけどそういう姿があったことも確か。

たぶん私はこの映画をもう一度見ると思う。